タイプ別のむくみ

なぜ生理中はむくみやすいのか、おすすめのむくみ対策も一挙ご紹介!

投稿日:

なぜ生理中はむくみやすいのか、おすすめのむくみ対策も一挙ご紹介!

女性には女性にしか分からない体の悩みを抱えています。

特に生理中は体の変化を敏感に感じやすいという声も多く、足や体のむくみを訴える方も少なくありません。

なぜ生理中に足がむくむのか、その原因を突き止めて、適したむくみ対策を取り入れていきましょう。

なぜ生理中は体がむくみやすいのか

なぜ生理中は体がむくみやすいのか

生理中は体がなんとなくだるくて重く感じやすいものです。

実際に生理中に体重が数キロ増えてしまうという方も多く、体調の変化に体も気持ちもついていけないことが悩みの種ではないでしょうか。

女性ホルモンんが大きく影響している

生理中に足や体がむくむ理由、それは女性ホルモンの働きが関係していることが分かっています。

女性ホルモンにはエストロゲンプロゲステロンという二つのホルモンがあります。この二つのうちプロゲステロンがむくみに関係しています。

プロゲステロンとは

  • 女性が妊娠するときに関係する女性ホルモン
  • 体に必要な水分や栄養を蓄えるさせる効果がある
  • 排卵期のあとから生理前に活発に分泌される(黄体期)
  • 体重が増えやすくなる
  • むくみやすくなる

生理がそろそろ始まるという時期に体重が増えてしまった、またはむくんでいるという場合はこのプロゲステロンの働きが活発になっている証拠です。

むくみが徐々に解消されるタイミング

生理前にプロゲステロンの分泌量が多くなり、これが原因で足や体にむくみが表れてしまいますが、生理が始まったあとは少しずつ分泌量が落ち着いてくるため、この流れでむくみも徐々に解消されていきます。

このむくみが解消されるタイミングで便秘肌荒れなどの悩みも解消されることに気づいている方はまだまだ少ないようですが、むくみも便秘も肌荒れも、同時期に解消されていくので心配する必要はありません。

しかし、いくら生理が始まれば徐々にむくみが解消されると言っても、むくみが出ている間は苦しいですから、生理中でもできるだけむくまないような対策を取り入れていきましょう。

生理中に摂り入れたいむくみ対策

生理中に摂り入れたいむくみ対策

体を必要以上に冷やさないこと

夏場の太陽が照り付ける暑さの中で体を冷やさないということは少々苦しいところもありますが、熱中症になってしまうほど我慢する必要はありません

あくまでも体を冷やしすぎないことが大事です。もしも冷房のある環境に長くいるような場合は、体を冷やさないようにカーディガンを羽織ったり、ひざ掛けなどを使って冷えから体を守ります。

また、1日の終わりに湯船に入って体を温めてあげるのも効果的です。
なぜ体を温めることでむくみが解消されるのか、それは血行がカギを握っています。

血行が悪くなると体の中のめぐりが悪くなり、余分な水分や老廃物がたまってしまいます。体を温めることで巡りが良くなれば、むくみが解消されるでしょう。

特に生理中は体が冷えやすいのでレッグウォーマー腹巻などを身に着けたり、カイロで温めるなど工夫をしましょう。温かい飲み物食べ物を取り入れて体の中から温めるとさらに効果が倍増します。

体を冷やさないまとめ

  • 冷房のある屋内ではカーディガンやひざ掛けを用意
  • お風呂は湯船につかりしっかり温める
  • 生理中は特に冷えるので腹巻やカイロもおすすめ
  • 温かい飲み物や食べ物をとるよう心掛ける

むくみに取り入れたいカリウム

体の中の塩分を排出させる働きがある成分がカリウムです。塩分が排出されるときに一緒に水分も出してくれるので、水分代謝が促されます。

カリウムを豊富に含んでいる食べ物

見出し(全角15文字)

  • キュウリ
  • トマト
  • スイカ  などの夏野菜や、
  • セロリ
  • バナナ
  • アボカド などです。

これらの食べ物は体を冷やす効果もあるので、くれぐれも食べ過ぎには気をつけましょう

カフェイン、塩分、アルコールは控える

これら3つは体の中に水分をとどめてしまう働きがあります。

もちろん、適度に摂る分には問題がありませんが、生理前などむくみやすい時期は出来れば避けるようにしてください。

特に生理中に貧血になりやすい方は、注意が必要です。塩分控えめの食事を心がけたり、消化のいい食べ物を意識して摂り入れていきましょう。

体を積極的に動かす

日ごろ運動をしていない方にしてみれば、運動ほど面倒に思うものはないでしょう。特に生理中は運動するのが嫌になります。

だからといって体を動かさないと血行が促進されず、ますますむくんでしまうので、運動が苦手ならヨガストレッチラジオ体操のようなゆったりと体を動かす運動を取り入れてみてはいかがでしょうか。

体を動かせばめぐりが良くなるのでむくみが改善されますし、ストレスも解消されるので気分爽快になるでしょう。

寝るときの環境を整えてみる

普段寝ているはずなのに疲れが取れないという場合は注意が必要です。

私たち人間は寝ている間でも水分代謝がなされているため、質のいい睡眠を取って熟眠することがむくみ解消に繋がります。

テレビパソコンスマホなどを寝る直前まで見ていると興奮状態からリラックス状態になかなかスイッチが切り替わらないので、少なくとも寝る1時間前ぐらいにはそれらの電源を落として、部屋の灯りも少し暗くして寝る態勢を整えましょう。

リラックス効果を高めるためにアロマポプリなどを部屋に飾るのもおすすめです。

❏こちらの記事も人気があります

-タイプ別のむくみ

Copyright© 足むくみを解消する15の方法|あなたに合った改善方法も必ず見つかる【足むくみ解消ナビ】 , 2019 All Rights Reserved.